詩跡名 龍井
別称  
地理 浙江省杭州市
代表作
訪問日 2010.9
関連語
その他  
説明 龍井…杭州市西湖の西、風篁(ふうこう)(鳳凰)(れい)上にある泉(岩溶泉)。龍泓(りゅうこう)・龍湫(りゅうしゅう)・龍泉ともいい、三国・呉の時代以来のものとされる。

付近は茶の産地として有名。南宋・周紫芝に「龍井の泉を酌み、聰師の房に書す」二首があり、明・孫一元「龍井を飲む」詩にはこういう、

生平 物に於いて 原
(も)と取る無きも
山中の水一杯を消受せん
(もらい受けよう)


と。清・乾隆帝にも「龍井の上
(ほと)りに坐して茶を烹(に)、偶(たまた)ま成る」詩がある。
(植木 久行)

浙江省目次に戻る /  TOPに戻る